医療法人社団 形成会 酒井形成外科 / 美容外科・美容皮膚科・形成外科 / 東京都豊島区 / JR大塚駅から徒歩1分
美容外科/美容皮膚科の診察予約

あご骨切り

えら骨切りとは

顔のフェイスラインの気になる方、特に女性では顔のえらが張っていて四角い状態から卵形のすっきりした輪郭に変わりたいという方にお勧めできる美容外科の美容整形手術です。

手術の特長

えら骨切りは、口腔内、下歯茎の奥に3cm程の切開を入れ、骨膜下を剥離し、えら骨を切る手術法です。
視野が狭い為、内視鏡やオシュレーターという専用電動のこぎりが必須道具になります。
全身麻酔下での手術のため、患者さまにはとても楽に手術を受けていただけます。

手術の概要

手術は正確を期するため、術前に3DCTスキャンという、あなたの顔面骨の骨格を正確に立体視できる検査を行います。これにより、えら骨きりは個人の希望に合わせ正確に行うことができます。
また、手術は全身麻酔で行われるため患者さまは一切の苦痛はありません。
えらの張った将棋の駒のような四角い状態からすっきりした卵形の輪郭に変わるため、美しい小顔に変化します。女性はもちろんのこと、男性にとってもやさしい印象を与えます。

症例

症例1

かなり大きなエラですが、ラインを直線的にしないように数回にわけて切り出しました。
咬筋も切除することで全体のボリュームも改善しています。

術前の3DCT画像
3DCT画像
術後の3DCT画像
3DCT画像

えら骨切りの術前写真

術前

えら骨切りの術後写真

術後


えら骨切りの術前写真

術前

えら骨切りの術後写真

術後


切除したえらの骨
切除したえら骨

症例2

エラの骨切りに加え、体部の骨削りも行うことでスッキリとしたフェイルラインとなり、小顔になりました。

術前の3DCT画像
3DCT画像
術後の3DCT画像
3DCT画像

えら骨切りの術前写真

術前

えら骨切りの術後写真

術後


えら骨切りの術前写真

術前

えら骨切りの術後写真

術後


切除したえら骨
切除したえら骨

症例3

直線的にならない様に骨切りを行い、角ばった顔つきが全体的に丸みを帯びた形態になっています。

術前の3DCT画像
3DCT画像
術後の3DCT画像
3DCT画像

えら骨切りの術前写真

術前

えら骨切りの術後写真

術後


えら骨切りの術前写真

術前

えら骨切りの術後写真

術後


切除したえら骨
切除したえら骨

症例4 大きくえらを切除した症例

大きくえら骨切りの術前写真

術前

大きくえらを切除した術後の症例写真

術後


大きくえらを切除した術前の症例写真

術前

大きくえらを切除した術後の症例写真

術後


えら削り(えら骨切り)手術後すっきりとした輪郭になりました。実際に切り出した骨です。
ラインを直線的にしないように数回に分けて切り出しています。


症例5 えらとあごの同時手術の症例

えらとあごを同時に切除しました。正面からみても側面から見てもかなり小顔になります。それにしても 現在の3DCTは術前の状態を極めて正確に把握しやすいものです。

えらとあごの同時手術の3DCT術前画像
3DCT画像
えらとあごの同時手術の3DCT術後画像
3DCT画像

えらとあごの同時手術の術前写真

術前

えらとあごの同時手術の術後写真

術後


えらとあごの同時手術の術前写真

術前

えらとあごの同時手術の術後写真

術後


えらとあごの同時手術の術前写真

術前

えらとあごの同時手術の術後写真

術後


症例6 男性でのえら骨削りの例

男性でのえら骨削りの3DCT術前画像
3DCT画像
男性でのえら骨削りの3DCT術後画像
3DCT画像

    
男性でのえら骨削りの術前写真

術前

男性でのえら骨削りの術後写真

術後


男性でのえら骨削りの術前写真

術前

男性でのえら骨削りの術後写真

術後


男性でのえら骨削りの術前写真

術前

男性でのえら骨削りの術後写真

術後


えら削り(えら骨切り)手術後、すっきりとした輪郭になりました。


切除したえら骨

手術時間と術後の経過

えら削り手術は、全身麻酔の準備を含め3時間ほどかかります。
麻酔が醒めると病室に移り、入院となります。
術後の疼痛は、薬剤等により緩和されます。
手術翌日には退院になりますが、退院後3〜4日間は圧迫包帯を顔や頭を包むように巻いておきます。
ドレーン(術創に溜まった液を抜く細い管)は退院時に抜きます。
術後4〜5日目に包帯を取り去り、シャンプーをしてそのまま帰宅できます。
唇の腫れが著しいためマスクが必要となるでしょう。唇の腫れ(たらこくちびる状態)はおおよそ10日間ほど続いたあと、比較的早めに退いていきます。
ほっぺたやえらの部分の腫れは3週間ほどでかなり落ち着きますが、完全に柔らかくなるのに2ヶ月ほどかかります。

アフターフォロー

退院後、渡されたうがい液でよくうがいをしてもらいます。
お食事は柔らかいものなら特に問題はありません。軽い歯磨きもできます。
包帯除去後は洗顔洗髪や入浴も自由です。
おおよそ腫れが引き始める2週間までは、うがいを励行し口腔内を清潔に保ちましょう。
術後4〜5日目に包帯を除去した後は2週間目の状態観察と2ヶ月後のチェックをいたします。

えら骨切り手術の利点と欠点

えら骨切り手術の利点

えらが張って気になる方には、えら削り(えら骨切り)しかありませんが、以前行っていた外側よりの進入(えらのあたりの皮膚の切開)に比べ、外面の傷痕も無く安全に手術ができるようになったことです。

えら骨切り手術の欠点

全市麻酔による合併症と術後4日程度は包帯を巻いた状態での生活を余儀なくされます。
下膨れといったフェイスラインの腫れは少なくても3週間は続きます。
また皮膚が弛むこともあり、その場合には十分腫れが引いた後にフェイスリフトが必要になることもあります。

えら骨切り手術の手術費用

項目 金額
(消費税別)
えら削り・骨切り(全身麻酔1日入院) 120万円
えら骨から下顎骨前方までの骨切り(全身麻酔1日入院) 160万円

えら骨切り手術の詳細情報

施術時間

約3時間

施術後の通院

4〜5日後に包帯除去。2週間目に状態観察。2ヶ月後にチェック。

腫れについて

唇の腫れ約10日間。頬やえらの腫れ約3週間、完全に柔らかくなるのに2ヶ月。
術後2ヶ月は下唇から顎にかけて感覚障害がありえるが自然に改善。

カウンセリング当日治療

不可

入院の必要性 必要
麻酔

全身麻酔

えら骨切り手術の実際
酒井形成外科の美容外科・美容皮膚科のご予約はこちらから